• 青色申告でもまだできる事

    忘れがちな経費

    今一度清算していない経費がないか確認しよう
  • その他の計上できる経費

    【仕入高】販売を目的として仕入れた商品や材料などにかかる費用


    【旅費交通費】電車、バス、タクシー代などの交通機関料金や宿泊代


    【通信費】電話代、切手やハガキなどの郵便代、インターネット通信料など


    【水道光熱費】電気、ガス、水道代


    【接待交際費】取引先との接待費(飲食代やゴルフ代など)や贈答品(慶弔見舞金やお中元、お歳暮など)


    【会議費】会議のためのお茶代や会議室代、打合せのための飲食代など


    【広告宣伝費】チラシ、インターネット広告、ホームページ作成費、試供品など


    【消耗品費】文房具などの事務用品や10万円未満の備品


    【減価償却費】建物や器具備品などの固定資産を、決められた年数(耐用年数)で計上する費用


    【修繕費】建物、器具や備品などの修理代


    【荷造運賃】荷物の梱包代や配送料


    【福利厚生費】従業員のための費用(社会保険料、健康診断料、制服代、会社全体の懇親会費、お祝い金など)


    【給料賃金】従業員の給料


    【外注工賃】外部へ業務委託費用(ホームページ管理費、システム開発など)


    【支払報酬】弁護士、税理士、社労士などの専門職の方への支払い


    【貸倒金】売掛金や貸付金が回収できなかったときにする損金処理


    【雑費】他の勘定科目に該当しない少額の費用

    ※計上するには領収書などが必要になります

    年収や利益額によって法人成りを検討しよう

  • 売上が1,000万円を超えると、2年後から消費税を払う必要が出てくるので節税にもなる法人成りを検討しよう


    法人成りで注意する点

  • 国保・国民年金から、健康保険・厚生年金へ

  • 自分の給料が経費になる

  • 給与所得控除という制度で個人の税負担が減る